2015年04月28日

ゴールデンウィークは福島美術館の「鳥づくし」へどうぞ(割引情報アリ)

こんにちは。
仙台も連日暖かい日が続いています。
昨日、京都宇治の黄檗のお寺さんから電話をもらい、
「櫻花は咲きましたか?」と聞かれました。。。。。
只今、櫻花は青森・北海道まで北上しています。

でも、宮城県内でも山間部に行くと山桜が見ることもできます。
人が観光などで移動が多い時期です。
仙台中心部や松島などの観光地は賑やかになるでしょう。
すこーし疲れたら、
仙台市若林区土樋288−2
の福島美術館にお越しください。
春の展覧会「鳥づくし」で、ほっこりゆったりされては如何でしょうか。
幹線道路から少し奥に入っただけですが、とても静かな場所です。

ここから、広瀬川を見ながら散歩するのもいいかも。
地下鉄愛宕橋で下車〜福島美術館〜(ダナエでランチ)〜愛宕橋〜広瀬川遊歩道〜地下鉄河原町
というコースで2時間くらいでしょうか。
因みにランチのお店は平日のみ営業です。
石橋駄菓子やさんでお土産もあり・・ですね。

今月末から5月始めにかけての福島美術館の休館日は
4月30日(木)、5月7日(木)、5月11日(月)
開館時間は9時〜16時30分
ホームページから割引券を印刷してお持ちください。
100円割引でご覧いただけます。(併用不可)

再開の感謝と復興の祈りを込めて
ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/




posted by ogure at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

メリー花祭り!そして福島美術館「鳥づくし」本日より開催!

今日の天候は大荒れです。
が、メリー花まつり!
今日入学式という小学校もあるでしょう。
どうぞ皆さん 「新入生&交通安全」を心がけてください。

若い学芸員mが初めて企画した展覧会がいよいよ始まりました。
どうぞ、ご鑑賞ください。

先日、故 福島禎蔵の同窓生の方が白石(しろいし)からわざわざお越しくださったそうです。
これから仙台一高の同窓会があるとかで・・・。
展覧会が始まりました。同窓生の皆さまご来館お待ちしております。

福島美術館では現在「七福絵はがき募金」(一口2,000円)を、資料の修復や環境整備に活用しております。
皆さまからのご厚意を賜りたく よろしくお願いいたします。

再開の感謝と復興の祈りを込めて
ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/





posted by ogure at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

福島美術館「鳥づくし」いよいよ明日開催です!

4月8日は何の日でしょう?
「花祭り」正解!
って、8日は福島美術館の春の展覧会「鳥つくし」が始まる日です。
若い学芸員mは前日の最後の準備です。

今日は、サポーター募集の案内のため、地元の大学・宮城学院女子大学の学芸員ガイダンスに伺い、説明のお時間を頂戴しました。
年間通じて活動する福島美術館のサポーターは、この名の通りサポーターです。
経験・資格はまったく問いません。
学生・社会人・主婦・主夫・ご高齢な方など、様々な方にお手伝いいただいています。
要件をしいてあげるなら、福島美術館を助けたい!かな。
年3回の覧会広報発送作業、イベントの手伝い・補助、図書の整理作業など。
オマケは、おいしいお菓子と、サポーター・スタッフ同士の楽しくゆるい繋がりです。
この関係が居心地のよさに繋がっているのかもしれません。

大々的に募集宣伝はしておりません。
説明会を下記の日程で行います。
4月11日(土)14:00
4月18日(土)10:00
4月26日(日)14:00
関心のおありの方はいづれか1日ご都合のよろしい日にご参加ください。
説明会へご参加いただいた方は、春の展覧会をご鑑賞いただけます。
お待ちしております。

再開の感謝と復興の祈りをこめて
ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/

posted by ogure at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

「福島家の玉手箱」展示替えしました!

新年度が始まりました!
が、今日は雨・・・・・。
昨日までは、とてもステキな日が続いていたのに・・・。
でも、がっかりするばかりではありません。
雨が降った後の櫻花はとても綺麗に色づくといいます。
(すみません。理由はわかりません。田舎では昔からそう申しております)
なので、これから櫻花を待ちわびているところの方々は、楽しみですね。

3月末に常設展示「福島家の玉手箱」の展示替えを行いました。
22才の伊達政宗さんのハツラツとした「茶の湯稽古」の手紙は、オフセット5度刷りの複製品です。
真筆は4月8日より展示いたします。
展示替えした作品は以下の通りです。
@伊達政宗さんの鶺鴒の花押が入った手紙(但し、本文は右筆)
A伊達政宗さんの命日5月24日のご供養をかねて、「殉死者衆扇面和歌書」。
C伊達騒動(寛文事件)で、亡くなった若い家臣・伊藤七十郎さんが牢獄から姉に充てた手紙。
D4代藩主・綱村さんが、帰りが遅くなるけど・・という、母・三沢初子に充てた手紙。
E秋田出身の寺崎広業が描いた墨画「牡丹図」と瀧和亭が描いた「牡丹図」。墨画と彩色対決
F浮世絵は櫻花と寛文事件にちなみ、芝居絵「助六所縁江戸桜」「伽羅先代萩」をご紹介。
こちらは継続しての展示です。
大名時計(江戸時代後期)、アンソニア製大理石洋時計(大正時代)、真空管ラヂオ、高村光雲刻の落ちない
観音さま、
庭いじりの季節です。染め付け、釉薬、焼き締めの植木鉢がズラリ。

常設展示のみの期間は入館料100円です。
福島美術館は小さいし、古い。
でも、でも、さんぽコースに如何でしょうか。

仙台は8時過ぎからずーっと雨でした。
皆さん、櫻花の色に期待しましょう。

再開の感謝と復興の祈りをこめて
福島美術館ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/

posted by ogure at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする