2015年06月19日

6月20日は黄檗宗を仙台に広めた仙台藩主4代藩主伊達綱村のご命日

4代藩主綱村さんは、仙台に黄檗宗の大きなお寺を3つも開いたお殿さま。
そして、4代以降の菩提寺をその黄檗宗のお寺である「両足山 大年寺」としました。
黄檗(おうばく)宗とは江戸時代の始めに、中国・明(みん)の時代の臨済宗の一派として伝えられました。。
伝えたのは、中国の高僧・隠元鵆g(いんげん りゅうき)禅師です。
現在は、日本三禅宗(曹洞宗、臨済宗、黄檗宗)の一つに数えられています。
中国のお坊さんたちと共に日本に入り、広まった文化を黄檗文化といいます。

6月20日はその両足山 大年寺で綱村及び歴代藩主の遠忌法要が営まれます。
普段はお参りできない御廟・無尽灯(むじんとう)をお参りできます。
藩祖・政宗さんの御廟・瑞鳳殿とは全く異なるので、驚かれると思います。

お参りは午前中のみ可能です。
10時までに両足山 大年寺さんに行かれますと、マイクロバスが出ます。

福島美術館では、命日に合わせて、綱村さんの絵画作品、また大年寺ジオラマ(A3版)、鉄牛さんの書掛け軸、独立さんの千字文を展示致しております。
是非お出かけください。

七福絵はがき募金は、現在、収蔵資料の修復・保存に活用しております。
皆さまのご理解とご協力をどうぞお願いいたします。

再開の感謝と復興の祈りを込めて
福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/

posted by ogure at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

平成27年秋、福島美術館からガイドブックがでます!

福島美術館には現在、販売できる所蔵品をご紹介する書籍がありません。
開館10周年のおり、製作した優品図録も現在、在庫不足で販売終了です。
B5版で128ページ、ちょっと小さめです。
これまでの開催してきた展覧会の記録のような、紹介本です。

秋の展覧会と、ガイドブック製作と、黄檗関連の講話準備で、頭は混乱気味です。

様々なことが、皆さまの「七福絵はがき募金」の寄付に支えられています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

再開の感謝と復興の祈りを込めて
ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/
posted by ogure at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

福島美術館は開館35年になりました!

こんにちは。
春の展覧会「鳥づくし」にはたくさんのご来場ありがとうございました。
秋は・・・
「福島美術館由来考〜仙台の起業家・禎蔵翁が遺したモノ」(9月16日〜)を開催します。
春の展覧会と異なり、かなり、地味な印象を持たれるだろう展覧会です。
福島美術館がこの6月1日で開館35周年を迎えました。また、福島禎蔵が設立した運営母体の社会福祉法人 共生福祉会が今年50周年を迎えました。
この時期だからこそ、起業家として様々なことを行った福島禎蔵(1890〜1979)が最晩年たどり着いた「福祉と文化」を紹介するのは、永く勤務した学芸員として行うべき仕事と考えます。
また、収蔵作品を通じて、改めて、福島禎蔵のこと、福島家のことをご紹介する展覧会をしたいと強く思ったためです。

福島美術館の運営母体 社会福祉法人 共生福祉会
共生福祉会の設立者  福島禎蔵(1890〜1979)
福島禎蔵が福島家三代の美術コレクションを、共生福祉会に一括寄贈、福島美術館が1980年に誕生する。

皆さんの「仙台なのに福島美術館?」というギモンを
「なるほど!」とお応えできる展覧会にできればと思います。
「?が!に変わります」
お楽しみに。

再開の感謝と復興の祈りをこめて

ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/





posted by ogure at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする