2016年01月28日

昨日の歴史秘話ヒストリア・・田中久重

御無沙汰しております。
皆さま、昨晩のNHK「歴史秘話ヒストリア」はご覧になられました?
アノ田中久重でしたね。
からくり人形で有名ですが、あの万年時計を作った人です。
復元されたものが、東京上野の国立科学博物館の地球館に常設されています。
昨年末にSMMA(仙台の美術館ネットワーク)開催のイベント「ミュージアムユニバース」内の「ミュゼバトル」に参加させていただきました。
そこで、自分が紹介したのが、国立科学博物館でした。とくに大名時計や万年時計は文系の方にこそご覧いただきたいと、力説しちゃいました。

昨晩の番組内では、セイコーミュージアムも紹介されていましたね。
福島美術館の大名時計もステキです。
是非、ご覧ください。

また、新春吉例の展覧会「めでた掛け〜福の依り代」はおかげさまで、好調です。
お天気のお陰か、申年のお陰か、わかりませんが、
多くの方にご来館頂いております。
まだ、ご覧になられていない方は、2月いっぱい開催しております。
是非、お出かけください。

再開の感謝と復興の祈りを込めて
福島美術館ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/



posted by ogure at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

めでた掛け展「ギャラリートークはスイーツの日」を開催しました。

本日、河北新報の朝刊「カルチャー散歩」に「めでた掛け展」を取り上げていただきました。
ありがとうございます。

本日もたくさんの方にご来館いただきました。
また、本日は「ギャラリートークはスイーツの日」でしたが、こちらも大盛況でした。
「申」の和三盆、宝饅頭の「招福・猫まんじゅう」、オリジナルの懐紙など、皆さん十分に楽しまれたご様子で、ホッとしています。
詳しい状況はツイッターをご覧ください。

展覧会は2月いっぱいです。
どうぞ、足をお運びください。

ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/
再開の感謝と復興の祈りをこめて

posted by ogure at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

福島美術館 めでた「くじ」は終了しました!ギャラリートークは11日です

6日に開会した「めでた掛け展」はお天気や、河北新報のコラム掲載のお陰で好調です。
3日間の恒例「めでたくじ」(有料入館者対象・空くじなし)もたくさんご参加いただきました。
割引入館で、500円の双喜図ポケットファイルをあてた方もいらっしゃいました。

明日は、「ふくの日デー」めでた掛け期間中、2と9のつく日は(20日や21日は違います)
100円割引です。
11日は「ギャラリートークはスイーツの日」です。学芸員が展覧会をご案内したあと、おいしいお茶とお菓子で、真空管ラヂオを聴きましょう。
お菓子を用意する都合があり、事前申し込みで御願いいたします。
お待ちしております。

福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/
再開の感謝と復興の祈りをこめて
posted by ogure at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

新春吉例「めでた掛け」開会しました!

今年もどうぞよろしく御願い申し上げます。

昨年はガイドブックに始まり、めでた掛けに終わり、今までにないくらい、
仕事をさせていただきました。
年末はずっと「めでた掛け」準備に追われ、昨日ようやく開会にこぎ着けました。

今年のめでた掛けのテーマは「福の依り代」。
あまり聞き慣れない言葉かもしれません。。。
近い言葉に「縁起もの」がありますが、
「依り代」は招きよせるもの、留まっていただくもの、
おじいちゃんからもらった財布、お店のおばさんからもらった「招き猫」のシール、
これを身につけていると、なんか福がやってくる。福がくるように買ったもの。
などなど、対象の範囲が広くなりますね。
実は、皆さまの生活に身近なものかもしれません。

今年は1月3日の河北新報コラムで「めでた掛け」をご紹介していただきました。
昨夕、ミヤギテレビ「oh!バンデス」の「伝言板デス」コーナーに出演させていただきました。
来週11日は、河北新報朝刊で「めでた掛け」の記事が掲載される予定です。参加

11日は「ギャラリートークはスイーツの日」があります。
14時開始です。展示解説のあとは、学芸員やサポーターと一緒に昭和10年代の真空管ラヂオを聴きながら
美味しいお菓子とお茶で、おしゃべりしませんか。
終了予定は15:50頃。参加には観覧券をお求めください。スイーツの日の参加費は別途300円です。
「ギャラリートーク」のみの参加も可能です。
「スイーツの日」への参加は、お菓子を準備する都合があるため事前申し込み制です。

また、ガイドブックも福島美術館受付で販売中です。(128頁、B5版、1300円)
通信販売も行っています。
詳しくはグッズのページをご覧ください。
また、修正箇所がございます。平成27年に購入された方は大変申し訳ございません。
後日ホームページで、修正表をご覧頂き、修正を御願いいたします。

昨日のめでた掛け開催初日は、たくさんの方にご来館いただきました。
「めでたくじ」も好評です。(明日まで)

新年いちばんの展覧会は福島美術館の「めでた掛け」へどうぞ。
再開の感謝と復興の祈りをこめて
福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/




posted by ogure at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする