2017年05月13日

福島美術館の春の展覧会「動物ずかん」

ただいま開催中の春の展覧会は動物が主役です。
・・・ですが、開いてみたら、トラとカエルがたくさんいます。
いくつあるか、数えてみたくなります。
作者によって、ホンモノそっくりに描かれたトラもあれば、ネコのようなかわいらしいマンガのようなトラもあります。
カエルもなぜ、こんなに?とおどろくばかり。
土産物でしかみることがないイメージのカエルですが、
さて、どうしてかな?

今年は動物の展覧会が多いですね!合わせたのですか?
と、よくいわれますが、
そんなことはありません。

江戸時代に流行した博物学という学問のおかげで美術の世界では雨や風・煙や、明暗の表現や、ホンモノそっくりに描くことなど様々な研究が進みます。しかし一方で、日本には昔から「鳥獣戯画」にもみられるようなマンがのように特質を捉える表現方法もありました。
そんな中で、動物はどんな風に表現されてきたのかな?というテーマで企画しました。
・・ですが、
動物は芸術なんていう枠から飛び出し、香取器や、文鎮やら、根付やら、生活の中で人々に癒しを与える存在としてそこにいたことに気づかされました。
まあ、生活の中に遊びと文化を上手に取り込んでいたのが、少し昔の日本人だったようです。

現代人も、この遊びココロ大切にしたいですね。

展覧会も残すところ、あと2週間程度です。
イベントもクリニカルアート(5月20日。申し込み締め切りは17日)を残すのみ。

展覧会を、もっと楽しんでいただくために学芸員Gmもあそんじゃおうかな!
GWで好評だった動物スタンプから2種類の名刺カードを展示室で配布します。ご自由にお持ちください。
日によって、別な動物スタンプを用意します。
って、今、思いついたことなので、ボツになるかも。

お待ちしております。

再開の感謝と、復興の祈りをこめて
福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/



posted by ogure at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする