2018年07月27日

2度目のご来館ありがとうございます!

先日、遠くはるばるアメリカから、福島美術館へ来館くださったkさん。
東日本大震災で被災された地域をご家族で旅行されていました。
福島美術館へは、インターネット情報で知ったそうです。
今回は、お一人で、2度目のご訪問。
青森での仕事を終え、立ち寄ってくださいました。
今年いっぱいで休業のお知らせを知り、心配してきてくださいました。

地域と人と文化が紹介されている福島美術館がなくなるのは、残念だ・・・・。
そうですね。
とても残念です。

アメリカに帰られてから、大学に戻られてから、是非、多くの方に「仙台の街のちいさな美術館・福島美術館」のことを発信していただけたら
嬉しいな、と願う日々です。
posted by ogure at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

毎日暑いですね!紋切り団扇貸出中!

書中お見舞い申し上げます。
美術館や博物館という施設は本来涼しいもの、夏は涼みにいかれる方もいます。
仙台の福島美術館は残念ながら、そうはいきません。

暑いです!
空調管理が整っていません。
数日前から、窓を少し開けました。
扇風機はフルパワーですが、暑いです。

_DSC0589.JPG

朝、展示室と収蔵室の除湿器にたまった水を捨て、窓を開け、扇風機を回します。
美術館の受付ではオリジナル紋切り団扇を貸出し、塩キャンディを1個差し上げています。
ご来館は、是非御前中にどうぞ。

そんな中、展示以外にも見てほしいものが増えています。
水彩画家 古山 拓 さんの壁ドローイング「福島美術館からの眺め」
宮城県 村井知事の壁書きサイン です。

村井知事は、とても楽し気に書いてくださいました。
これから、ぞくぞく増える予定です。
是非、皆さんご来館の際は、3階通路の壁をごらんください。
posted by ogure at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

大雨のお悔やみとお見舞い

今回の大雨で、現在、西日本で大きな被害がでています。
亡くなられた方とご遺族の方々にお悔やみ申し上げます。
また、行方がわからない方の一日も早い、無事の救助を祈ります。
避難されている皆さまにお見舞い申し上げます。

東日本大震災の折は、福島美術館再開のための七福絵はがき募金を通じて、全国の皆さまからご支援をいただきました。
佐賀県、長崎県、福岡県、兵庫県、広島県、京都府、今回被害が大きい地域のお住いの皆さま、どうぞ、ご無事を祈っています。

京都の嵐山に近い、浄住寺。檀家さんのいない小さなお寺さんです。
倉敷の大原美術館は学芸部有志で助けていただきました。
広島県の学芸員の方、
京都の大学の先生・研究者の方々、
佐賀県の中林梧竹の関係者の方々、
心配です。

大雨が落ち着いたらで結構です。
近隣に小さなな文化施設や、お寺さんがあったら、どうぞ声をかけてください。

被害は大丈夫ですか、と。
人手がないところでは、まずは情報発信がイチバンの支援です。

祈ります。

http://www.fukushima-museum.jp/

posted by ogure at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする