2016年01月28日

昨日の歴史秘話ヒストリア・・田中久重

御無沙汰しております。
皆さま、昨晩のNHK「歴史秘話ヒストリア」はご覧になられました?
アノ田中久重でしたね。
からくり人形で有名ですが、あの万年時計を作った人です。
復元されたものが、東京上野の国立科学博物館の地球館に常設されています。
昨年末にSMMA(仙台の美術館ネットワーク)開催のイベント「ミュージアムユニバース」内の「ミュゼバトル」に参加させていただきました。
そこで、自分が紹介したのが、国立科学博物館でした。とくに大名時計や万年時計は文系の方にこそご覧いただきたいと、力説しちゃいました。

昨晩の番組内では、セイコーミュージアムも紹介されていましたね。
福島美術館の大名時計もステキです。
是非、ご覧ください。

また、新春吉例の展覧会「めでた掛け〜福の依り代」はおかげさまで、好調です。
お天気のお陰か、申年のお陰か、わかりませんが、
多くの方にご来館頂いております。
まだ、ご覧になられていない方は、2月いっぱい開催しております。
是非、お出かけください。

再開の感謝と復興の祈りを込めて
福島美術館ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/



posted by ogure at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

めでた掛け展「ギャラリートークはスイーツの日」を開催しました。

本日、河北新報の朝刊「カルチャー散歩」に「めでた掛け展」を取り上げていただきました。
ありがとうございます。

本日もたくさんの方にご来館いただきました。
また、本日は「ギャラリートークはスイーツの日」でしたが、こちらも大盛況でした。
「申」の和三盆、宝饅頭の「招福・猫まんじゅう」、オリジナルの懐紙など、皆さん十分に楽しまれたご様子で、ホッとしています。
詳しい状況はツイッターをご覧ください。

展覧会は2月いっぱいです。
どうぞ、足をお運びください。

ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/
再開の感謝と復興の祈りをこめて

posted by ogure at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

福島美術館 めでた「くじ」は終了しました!ギャラリートークは11日です

6日に開会した「めでた掛け展」はお天気や、河北新報のコラム掲載のお陰で好調です。
3日間の恒例「めでたくじ」(有料入館者対象・空くじなし)もたくさんご参加いただきました。
割引入館で、500円の双喜図ポケットファイルをあてた方もいらっしゃいました。

明日は、「ふくの日デー」めでた掛け期間中、2と9のつく日は(20日や21日は違います)
100円割引です。
11日は「ギャラリートークはスイーツの日」です。学芸員が展覧会をご案内したあと、おいしいお茶とお菓子で、真空管ラヂオを聴きましょう。
お菓子を用意する都合があり、事前申し込みで御願いいたします。
お待ちしております。

福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/
再開の感謝と復興の祈りをこめて
posted by ogure at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

新春吉例「めでた掛け」開会しました!

今年もどうぞよろしく御願い申し上げます。

昨年はガイドブックに始まり、めでた掛けに終わり、今までにないくらい、
仕事をさせていただきました。
年末はずっと「めでた掛け」準備に追われ、昨日ようやく開会にこぎ着けました。

今年のめでた掛けのテーマは「福の依り代」。
あまり聞き慣れない言葉かもしれません。。。
近い言葉に「縁起もの」がありますが、
「依り代」は招きよせるもの、留まっていただくもの、
おじいちゃんからもらった財布、お店のおばさんからもらった「招き猫」のシール、
これを身につけていると、なんか福がやってくる。福がくるように買ったもの。
などなど、対象の範囲が広くなりますね。
実は、皆さまの生活に身近なものかもしれません。

今年は1月3日の河北新報コラムで「めでた掛け」をご紹介していただきました。
昨夕、ミヤギテレビ「oh!バンデス」の「伝言板デス」コーナーに出演させていただきました。
来週11日は、河北新報朝刊で「めでた掛け」の記事が掲載される予定です。参加

11日は「ギャラリートークはスイーツの日」があります。
14時開始です。展示解説のあとは、学芸員やサポーターと一緒に昭和10年代の真空管ラヂオを聴きながら
美味しいお菓子とお茶で、おしゃべりしませんか。
終了予定は15:50頃。参加には観覧券をお求めください。スイーツの日の参加費は別途300円です。
「ギャラリートーク」のみの参加も可能です。
「スイーツの日」への参加は、お菓子を準備する都合があるため事前申し込み制です。

また、ガイドブックも福島美術館受付で販売中です。(128頁、B5版、1300円)
通信販売も行っています。
詳しくはグッズのページをご覧ください。
また、修正箇所がございます。平成27年に購入された方は大変申し訳ございません。
後日ホームページで、修正表をご覧頂き、修正を御願いいたします。

昨日のめでた掛け開催初日は、たくさんの方にご来館いただきました。
「めでたくじ」も好評です。(明日まで)

新年いちばんの展覧会は福島美術館の「めでた掛け」へどうぞ。
再開の感謝と復興の祈りをこめて
福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/




posted by ogure at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

佳い新年をお迎えください 福島美術館九拝

平成27年ももうすぐおわります。
今年は、ガイドブックに始まり、ガイドブックで終わった一年でした。
今までにないくらい、仕事をさせていただきました。
発刊間もないころは、気がつかなかったミスも明白になったり。
今後きちんと、修正して参ります。

11月11日より、福島美術館の窓口で販売しておりますガイドブック。
全国の方々から、発送依頼のご注文を受けております。
合わせて、「七福絵はがき募金」もお送りいただいております。
ありがとうございます。

24日付け払込分までの皆さまには、年内にお届けできそうです。

本年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしく御願い申し上げます。
佳いお年をお迎えください。

再開の感謝と復興の祈りをこめて
ホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/

posted by ogure at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

メリークリスマス、普く方々に、

明日はXmas前夜です。
自分はクリスチャンではないけれど、多くの方がそうであるように、
Xmasはダイスキです。
ケーキに、ご馳走、プレゼント、そして「Wine」
Xmasには、日本酒や、焼酎やビールではなくて、やっぱりWineでしょ!
せっかく、上野の科搏で「Wine展」を見てきたので、ちょっとこだわりたいかな。

プチプレゼントを贈り合うのもいいですね。
高価な物だけがプレゼントではありません。
心がこもっているもの、それがプレゼントだと思います。
キャンディー1個を小さな紙にふわっと心と一緒に包んで、
これも学芸員Gm的にはアリかな。

佳いXmasを・・・

再開の感謝と復興の祈りをこめて
福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/


posted by ogure at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

冬至の仙台は・・・小豆かぼちゃ ですね!

18日、19日、ミュージアムユニバース盛況の内に無事終了いたしました。
ご来場者は二日間でなんと2500人越えとか。
福島美術館で参加した三館合同のイベントにもたくさんの方にご参加いただきました。
たくさんの笑顔に出会うことができました。
これも事務局の方と、福島美術館サポーターの皆さまのおかげと存じます。
ありがとうございました。

また、学芸員mが参加させていただいた、ミュゼバトル2も楽しかったです。
残念ながら優勝は叶いませんでしたが、
たくさんのギャラリーの前で、オススメなMUSEUMをご紹介できました。
ひとつ残念だったこと、
最後のひとことがいえなかったこと。
「フォースと共にあらんことを」
自己に秘めた力、禅にも通じる言葉なんですけど・・・。

あっ、どこをオススメしたかというと、
以前、ブログでもお話しました。
東京上野の国立科学博物館です。
老若男女、理系、文系、関わらず楽しめるところです。
特に、素通りして東京国立搏物館に出向いている、皆さんには是非でかけてほしい博物館です。

先週観た「wine展」も最高でした。
植物学、農業、発酵、歴史、ボトルやラベルのアート、
いろんなジャンルの方が楽しめる、ものすごくデッカい展覧会です。
19日から始まっている「渋澤春海展」も行きたいです。
「天地明察」の人です!
仙台藩の天文学にも大きな影響を与えた人です。

そして、欲張りな学芸員mとしては、谷中の「カヤバ珈琲店」にうかがえたことは大きな収穫です。
卵サンドとルシアンティを頂きました。

上野の行った時は是非うかがいたいお店です。

あっ、別件ですが、浅草の麻鳥もすばらしく美味しかったです。

「フォースと共に あらんことを ご機嫌よう」
再開の感謝と復興の祈りをこめて

福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/
posted by ogure at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

本日初日 ミュージアムユニバース(於:せんだいメディアテーク)

18日、19日はせんだいメディアテークを会場にミュージアムユニバースです。

仙台市内の15の施設のお祭りです。
水族館・美術館・博物館・動物園いろんな施設が参加しています。
福島美術館からは展示紹介(パネル)、ワークショップ「オリジナル和綴じ本を作ろう!」で紋切り体験(三館合同、13:00〜16:00、整理券配布)。
そして明日は16:30〜17:30 学芸員Gmがミュゼバトル2に参加します。
5人の学芸員らがオススメのMUSEUMを紹介して、もっとも関心を持たれた人は誰か、というゲーム。
この他、2日間限定で参加館のミュージアムショップもオープンします。
11月11日発売開始の「美を愉しむこころ 福島美術館ガイドブック」(1300円)や、
七福グッズより双喜図ファイル(500円)、昆虫大名行列しおり(兼スケール・300円)もあります。
この機会に是非!

ご来場の後は、光のページェントで、仙台の冬をご堪能ください。
学芸員Gmは、仙台の風物イベントでは、一番好きかな。。。。さむいけど。。。

再開の感謝と復興の祈りをこめて
福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/

posted by ogure at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

12月19日は仙台メディアテークのミュゼバトル2にでます!

皆さまこんばんは。
御無沙汰しております。
只今、今週18日、19日に仙台メディアテークで開催されるミュージアムユニバースへの参加準備で大忙しです。「新春吉例めでた掛け」の広報発送&キャプション準備が大幅に遅れています。
福島美術館はパネル展示とワークショップ(合羽刷りと紋切り遊びでオリジナル和綴じ本をつくろう)に参加します。
加えて、学芸員Gmはお祭り最後のイベント「ミュゼバトル2」(19日16:30〜17:30)に参加させていただくことになりました。
5人の美術好きが、各人のお気に入りのミュージアムを紹介して、ギャラリーの最も賛同を得た人が優勝というイベントです。
プレゼン時間は一人5分。
さて、仙台・街のちいさな美術館の学芸員のイチオシのミュージアムは何処でしょう?
イチオシのポイントは?

ご都合つく方は、18日、19日仙台メディアテークの1階ミュージアムユニバースの会場へお越しください。
ワークショップは両日13:00〜16:00受付(整理券が必要です。)
ミュゼバトル2は19日16:30〜17:30です。

19日は土曜日です。ミュージアムユニバースの後は、光のページェントで冬の仙台をお楽しみください。
ページェントのウィンクに立ち会うか、たった1個のピンクのライトを見つけるか、楽しみ方はいろいろ。
でも、今週末は冷え込むとか。
防寒対策は万全にしてお越しください。
仙台メディアテークは、地下鉄南北線 勾当台公園下車5〜7分です。

再開の感謝と復興の祈りをこめて
福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/



posted by ogure at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

水木しげるサンのご冥福をお祈り申し上げます。

昨日の、水木しげるサンが亡くなったというニュース速報。
93歳ということで、大往生かもしれませんが、もっともっと生きていてほしい方でした。
ふっと、涅槃図が思い浮かびます。
水木さんの周りに、戦友の方々や、妖怪達が悲しんでいる様子。
平和を愛し続けた、昭和の生き証人だった方。
境港の水木しげるロード、妖怪列車、水木しげる記念館、など、水木さんの妖怪と郷土へのあふれんばかりの愛情を感じた場所は、自分にとって思い出の場所です。

妖怪をこよなく愛した人、
それは、人間に対する厳しさと、いとおしさでいっぱいのこころを持った人にこそ、みえる世界感なのかもしれません。
ご冥福をお祈り申し上げます。

福島美術館のホームページはこちらです。
http://www.fukushima-museum.jp/
再開の感謝と復興の祈りをこめて


posted by ogure at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする